おりりんな日々

読書/Kindle/クラシック/ジブン手帳mini

今週聴いたCDから・3

こんにちは。

急に暖かくなったりして、体調を崩しそうになりましたが、何とかこらえられたようです。

さて、今回はイタリアの指揮者リッカルド・ムーティベートーヴェンをご紹介したいと思います。

Complete Symphonies

Complete Symphonies



9曲の交響曲と、3曲の序曲に加えて、リヒテルとのコンチェルトが一曲ついたセットです。まだ「限定盤」が入手できるかもしれませんね。

先のブラームス同様に、アメリカのオケのベートーヴェンなので、長く敬遠してきたのですが、今回このセットを知人から譲り受けたので聴いてみた次第です。

ストコフスキーオーマンディが長く率いていたこのオケは、「フィラデルフィア・サウンド」と称えられる美音のオケです。このセットでも、それは遺憾なく発揮されています。

ぼくが特に気に入ったのが、7番と9番でした。メロディの句読点の打ち方、文節末をやや伸ばすような呼吸の仕方が、壮麗さと威厳をたたえ、すばらしいベートーヴェンとなっています。これは買って損はない全集です。定評のあるリヒテルとの第3コンチェルトも聴きものです。
広告を非表示にする