読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おりりんな日々

読書/Kindle/クラシック/ジブン手帳mini

生活記録ノートについて

おはようございます。
生活記録をB5版のノートにつけるようになって、先日5冊めに入りました。このノートは、次の本を参考につけ始めたものです。

人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ

人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ


基本的に、日毎の出来事を時系列に沿って書き込んでいくものですが、この5冊めからは「読書メモ」も書き込むようにしています。そうすることによって、ノートを読み返すことのモチベーションが高くなりました。これは予想していなかった効果です。
現在、どんなことをノートに書いているかというと、

・寝起きの時刻
・食事の時刻
・服薬の時刻
・買い物の場所と金額
・聴いた曲目

などです。これに、読書メモと思いついたアイディアが加わりました。
普通なら、記録と読書などのメモを分けるところなのでしょうが、これを敢えて一本化することで書き込む頻度が高くなって、否応なく見る機会も増えたということになります。
読書については別のエントリーで書いたように、今は5冊を並行して読んでいて、10〜15分程度の短いサイクルで読む本を取り替えています。これは、ぼくの集中時間が短いということもありますが、元々人間の集中力そのものが15分程度のものだからです。
この短いサイクルで、大事だと思うところをできる限り自分の言葉で書き込んでいきます。サイクルが短いことで、前の記述を見返すことも多くなり、かつ負担も少なくなっているようです。いい感じです。
次の目標としては、原稿用紙5〜10枚程度の文章が「日常的に」書けるようになることだと考えています。

広告を非表示にする