おりりんな日々

読書/Kindle/クラシック/ジブン手帳mini

「読書メーター」さんのオススメ

こんばんは。

8月も終わりですね。急に涼しくなりましたが、いかがお過ごしでいらっしゃいますか? ぼくはどうにもうまく復調できないままで8月を終えることになりそうです。

さて、今日は「読書メーター」という読書管理系のWebサービスをご紹介することにします。下に掲げた写真は、スマホ版の画面をキャプチャしたものです。

 

f:id:oririn0316:20150830175234p:plain

 

bookmeter.com

 

ユーザー登録は、メールアドレスとパスワード、簡単なプロフィールを設定すればOKです。TwitterFacebookのアカウントを使っても登録できますので、お持ちの方はそれを使われてもよいでしょう。しかしながら、常用しているTwitterアカウントとは違うアカウントを使いたいという場合もあるでしょうから、ここはメールアドレスでの登録をお勧めしておきます。むしろ、読書メーターさん専用のTwitterアカウントを作成するのも手かと思っています。

準備が整ったら、本を登録していきましょう。バーコード読み込みができるアプリもあるようなので、ご検討ください。ここでの「状態」の分類は、

・読んだ本(読了日時が設定できます)

・読んでる本

積読

・読みたい本

の四つです。つまりは、「欲しい」と思った時から入手して積読本の時期を過ぎ、実際に読んで感想を書くまでが、このサイトで行えます。

それぞれの「状態」に登録を変更する時に、連携をしていればTwitterFacebookへのアウトプットも可能です。ですので、本を購入したら「積読本」として登録するとのルールを決めておけば、後でTwitterを読み返す時などに購入したタイトルと日付を抽出することができますね。ぼくは日常的なツイートとの混在を防ぐために、読書メーター専用のTwitterアカウントを作成しています。

また、この読書メーターは、「本」でつながるSNSとしての側面があります。登録しておけば、Twitterのフォロワーさんや、Facebookの友達に読書メーターの利用者がいるかどうかがわかりますし、「同じ本」を読んだ人の感想が「共読」として表示されるのも楽しいです。やはり、一定数の「読書友達」がいると楽しくもあり、励まされもします。

今回はここまでとしておきます。折に触れて、読書メーターさんのことについては書くことがあるかと思います。

 

広告を非表示にする