おりりんな日々

読書/Kindle/クラシック/ジブン手帳mini

本を読んでも変わらないと言った貴女へ

おはようございます。ぼくの部屋を訪ねてきた人に、そんなに本を読んでどうするのか、本なんて読んでも変わらないし、変われないじゃないかと詰問されたことがあります。今日はそのことについて考えてみたいと思います。ぼくはこのブログで、再三「読書メー…

Kindle、端末よりはアプリが使える

こんにちは。2014年12月に廉価版のKindle端末を購入してから、数冊を読み上ました。今年になって、iPad miniを入手しました。このことから、文字の本はKindle端末で、マンガや写真集はiPad miniでという分業を予想していました。これは、画面の大きさという…

出直す読書

こんにちは。ぼくは3月の誕生日で52歳になります。2000年にうつ病を発したせいで、この15年ほどを半ば棒に振ってしまいました。この2〜3年でこそ、人様に「多少本を読んでいます」と言えるようになってはいるものの、それは新書だったりしていて、本格的な大…

薄井ゆうじ氏講演から

こんばんは。昨日(2月7日)、中野区立中央図書館で行われた連続講演「小説という遊び」の第3回「小説の創作」に参加してきました。講師は作家の薄井ゆうじさんでした。恥ずかしながら、お名前を存じ上げなった方ですが、お話しは興味深く伺うことができまし…

読書会を盛り上げたい

こんばんは。現在、ぼくは二つの読書会に関わっています。一つは自分で主催している、Skypeを使った読書会。これは2015年の4月に始めました。もう一つは、学生の頃にお世話になっていた先輩が主催している読書会。これは、今月130回を数えるものです。それぞ…

CDラックから〜クーベリックのモーツァルト

おはようございます。ブログの投稿、今朝は2件目です。今回は、ラファエル・クーベリック指揮、バイエルン放送交響楽団のモーツァルトについてです。Rafael Kubelik Conducts Great Symphoniesアーティスト: Rafael Kubelik出版社/メーカー: Sony (Nax615)発…

読書体験の定着ということ

おはようございます。何度か書いているように、ぼくは趣味として音楽鑑賞と読書、ブログを書くことを挙げています。音楽鑑賞と言っても、ブログを書いている時のBGMとして聴いている程度です。今回はも、読書のことについて取り上げたいと思います。読んだら…

コールセンターの近況について

おはようございます。例によって、夜中に目が覚めてしまいました。今回は、最近使ったコールセンターの印象について書いてみようと思います。具体的には、・Amazon・Apple・auの三つについてです。ぼくは、1996年から2002年にかけて、PC系のコールセンター業…

カテゴリー新設、読みかけレビューw

こんばんは。今日から不定期で、「読みかけレビュー」というカテゴリーを新設して記事を書いてみようと思います。レビューと言っても、そう大したものではなく、自分のためのメモといった程度のものになろうかと思います。さて、一回目は明智カイトさんの『…

ドストエフスキーを借りてみる

おはようございます。先日、ドストエフスキーの『白痴』を読了しました(新潮文庫版・木村浩訳)。これは学生時代にお世話になった先輩が主催する月イチの読書会のテキストとして読んだものです。これを受けてかどうか、今年は『カラマーゾフの兄弟』を読ん…

読書における、「打率」ということ

こんばんは。今回は、読書においての「打率」ということについて考えてみようと思います。既に何度も触れているように、ぼくは「読書メーター」さんという管理サイトを使わせてもらっています。このサイトを使い始めたのがいつだったか、もう忘れてしまった…

はてなアプリ、不具合だったのかな?

こんばんは。今日2件目のUpになります。ぼくのパソコンは壊れてしまっているので、このブログはiPadでエディタを開いて、まず下書き。それをはてなブログアプリにコピペしてエントリーしています。ところが。どうもアプリの挙動が不審です。Amazonの商品を貼…

CDラックから・13〜バックハウスのベートーヴェン

こんにちは。今日は、鍵盤の獅子王と謳われたウィルヘルム・バックハウス独奏によるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集を聴いています(ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮のウィーン・フィル)。獅子王というと、何か荒々しく剛毅な演奏を想像して…

CDラックから・12〜オーマンディのベートーヴェン

おはようございます。2件続けての投稿です。先のUpが、この「はてなブログ」に移ってから、ちょうど100件目となりました。パチパチwさて、今回は「CDラックから」の12回目を書いてみようと思います。今聴いているのは、ユージン・オーマンディ指揮のベートー…

音源への執着を捨てたいと思っていること

おはようございます。ぼくはオーケストラの曲を中心に、クラシックを少し聴く者です。同じ曲でも、指揮者やオケの違いを聴き比べるというのが楽しいです。ですので、同じ曲のCDを何種類も持っているということがあります。ところが、今の住所に移ってから財…

読書メーターを、再度お勧めしてみる

こんにちは。既に書いてあることなんですが、読書管理サイト(SNSかもしれません)の一つである、読書メーターさんをお勧めしたいと思います。下は、iPhoneでのキャプチャです。スマホ用サイトを閲覧するようになっています。■まずは登録まず、使ってみると…

発病して、だいたい15年を期して

こんにちは。ぼくは2000年にうつ病と診断されました。それまで、PC系のコールセンターにいたのですが、クレーム対応のストレスや、上司からのパワハラもあってそこに居続けることができなくなり、2002年2月に退職しました。まあ、いつを起点とするかによって…

読書と集中力

こんばんは。ぼくの場合、単に集中力が途切れやすいという点で、なかなかまとまった分量の読書ができませんw 一般の読書家さんは、どうやっているか知りたいところです。ぼくがやっているのは、時間を短く小分けしてみるということです。何でも、人の集中力…

『ピアノの森』に刺激されて

こんばんは。一色まことさんのコミック『ピアノの森』を12巻から21巻まで続けて読みました。全26巻で完結したようです。ちょうど舞台を第15回ショパン国際ピアノコンクールに移したあたりから読んでいます。実際のコンクールは、5年に一度開かれていて、近年…

ブログと物理キーボード

こんばんは。iPadで長文を書こうとした場合、やはり物理キーボードを使うのが圧倒的に有利だと思います。ぼくは、ロジクールのK480を購入したのですが、まだiOSのキー配置に慣れていなくて、 @の出し方などがわからないでいますwそれはさておき、iPadでの文…

ともあれ、ブログを書いてみようと思う

こんばんは。ブログのアカウントを新規作成して引っ越してからしばらくが経ちましたが、アクセスが落ち込んだこともあってか、書くモチベーションが明らかに下がりましたwそれでも今年は、何とか10枚程度の文章を書くということを、目標の1つとしているので…

裏、あるいは心の闇

またまたUpさせていただきました。先ほどTwitterを止めるかもしれないというような書き込みをしたばかりなのですが、いわゆるサブアカウントを作ってみたところです。これには、連動させている「裏」のブログの更新通知を流そうと思っています。そのブログを…

Twitterをどうしようか迷っている

こんばんは。例によって、真夜中のUpですw2009年の11月に、ぼくはTwitterを始めました。始めのうちは、メンタル面での問題を抱えている者同士で、情報を交換できないものかという問題意識で、そのうちにクラシックのファン同士での交流のためにTwitterを使っ…

ブーレーズのマーラーを再ダウンロード

こんばんは。ちょっと風邪気味だったのですが、がっつり寝ていたのでだいぶラクになりました。さて、iPadの環境もかなり整ってきました。壁紙を『鋼の錬金術師』にしてみたり、以前ダウンロードした楽曲を再ダウンロードしてみたりしてみました。全トラック…

はてなブログ、iPadアプリが調子悪い

こんばんは。念願のiPad miniを入手して、これでブログをわしわし書けると思っていたのですが、どうもそうはいかないみたいです。まず、ATOK Padがインストールできなかった件。iPhoneでは、まずATOK Padで下書きをしてからブログアプリにコピペしていました…

調子が悪い時は、ベートーヴェンを聴いてみようw

こんばんは。実は、iPadを入手してしまいましたwPCが壊れてというもの、ずっと欲しかったものなのですが、経済状況が落ち着くのが5月くらいになる見通しがあったので、それまではガマンしていようと思っていたんです。ところがです。ちょっとした臨時収入が…

ドストエフスキー『白痴』、上巻と黒澤版

こんばんは。1/30(土)の読書会までの読了を期して、ドストエフスキーの『白痴』上下巻(木村浩訳・新潮文庫版)を読んでいます。ちょうど上巻が読み終わり、黒澤明監督の映画版(1951年)も見終わったので、中間報告的に記しておこうと思います。<あの頃映…

CDラックから・11〜ピリスのショパン

こんにちは。一色まことさんの『ピアノの森』が完結したとのことで、図書館から12〜16巻の5冊を借りて読んでいるところです。ちょうど、第15回ショパンコンクール(2005年)が始まるところ。ピアノの森 12 (モーニングKC (1509))作者: 一色まこと出版社/メー…

このブログについて

こんにちは。今回は、年頭にあたっての所感と、このブログの今後の方針めいたことを少し書いてみたいと思います。ぼくが「ブログサービス」を利用するようになったのは相当に早くて、記憶では2001年度にはNIFTYでココログを使っていました。以降、断続的に使…

iPhoneでATOKアプリを使う際の問題

こんにちは。遅ればせながら、新春第一回目の投稿です。今年もよろしくお願いいたします。さて、iPhoneにATOKアプリをインストールしてはみたものの、ブラウザの検索欄に入力した際に、一文字目が即座に「決定」されてしまい、入力に手間取るということがあ…