読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おりりんな日々

読書/Kindle/クラシック/ジブン手帳mini

本を読んでも変わらないと言った貴女へ

おはようございます。

ぼくの部屋を訪ねてきた人に、そんなに本を読んでどうするのか、本なんて読んでも変わらないし、変われないじゃないかと詰問されたことがあります。今日はそのことについて考えてみたいと思います。

ぼくはこのブログで、再三「読書メーター」さんを使っていると書いてきました。類は友を呼ぶというのは、たぶん当たりなんだろうと、ここを見ていて思います。ここを使うようになって、まだ二年目程度なので何とも言えないところではありますが、ここしばらくの間、「読書論」とか「教養論」とでもいうべき「ジャンル」が形成されつつあるように思っています。こうした本の感想がUpされていたり、読みたい本として登録されていたりしています。

もちろん、読書好きのみなさんが集まるサイトですから、こうした「ジャンル」へのニーズが一定量あることは当然のことだと思います。しかし、それにしても、という感が強くあります。

本の読み方には、唯一の正解があろうはずがないのに、「読書論」が、こうも読書好きを魅了して止まないのはなぜなんでしょうか。

それは、時代が先行き不透明な「過渡期」だからなんでしょうか。しかしそれには、「過渡期」だなんてことは。ぼくが大学在学中だった30年も前からそう言われ続けていることを出せば足りると思います。変化と危機の度合いが、さらに深まったからなのかもしれません。

ぼくはそうした中で、活字離れという指摘とは裏腹に、「一方で」は読書回帰とでも言うような傾向が出てきているのではないかとも思います。何と言っても、読書には百年単位での歴史があり、地道ではあるものの、確実な自己陶冶の方法の1つであろうからです。

ぼくが読書に期待しているものの1つ(いくつもあるかと言うと、心許ないのですがw)とは、「自分の知らない自分」「出会ったことのない自分」つまり、未知なる自分との出会い、邂逅であろうと思っています。この年齢になると、もう自分なんて凝り固まっていて、(良く)変わる余地なんて残ってないよと思ってしまうのですが、それでも未知の世界との出会いは、即座に知らなかった自分との出会いへと、ぼくを誘います。それは、まだ自分には変わる余地が残されているという喜びと言えるものだと思うのです。つまり、いつだって人間は変われる。その気になれば、「良く」も変われるということだろうと思うのです。ぼくは、そこのとを読書を通じて学んできたように思います。

とまあ、ここまでは第一段落。以下は、ちょっと間を空けて書いた第二段落です。

ここまでは、「変わる」ことが「良いこと」であることを前提に書いてきました。しかし、ぼくにはそれが無前提で良いことというのには疑問を呈したいと思います。つまり、変わろうとすることは、それほど良いことなのかと。

言葉の遊戯かもしれませんが、「変わる」とは現状の否認を前提しています。いま・ここではない、いつか・どこか・誰か・何かを希求することです。このような、否定の契機を含んだ「変わりたい」という欲求は危ういのではないかと思うのです。

つまりは、いま・ここの自分を否定し、ないがしろにすることについては、もう少し慎重であるべきだと思っているということです。

少し大げさな話をします。「変わる」ということについてのイメージ・トレーニングです。

生命という次元から見た「自己」ということを考えてみたいと思います。「生命」とは(なんて振りかぶっていいのかww)、環境(=非自己)と「情報」を交換して、自己同一性を保ちつつ変化していくシステムであるということができるでしょう。ここでいう「情報」とは、物質であることも含みます。

ポイントは、自己同一性ということ。

よくある話ですが、半年前の自分と今の自分とを比べてみると、物質的にはまるで入れ替わっているというではないですか。変化しながら、しかも自己であり続けるというのはそういうことです。

このような「変わる」方法というのがあるのではないかとぼくは思います。今ある自分を否定し、異質なものに変わるのではなくて、アナログ的に「変わる」。もちろん、突然変異ということもありますが、一生命体レベルで見た場合、それは「異物」として免疫システムに退けられてしまうことがまずあって、免疫が迎撃できないと、自己同一性が破壊される、即ち死を意味するわけです。

変わり方、変わろうという方向を間違えると、死に至るというのは大げさかもしれませんが、「自己」に深刻なダメージを与えることがあります。乱暴な例えですが、痩せていない自分を受け入れられずに病的な状態に陥ってしまうことなどです。

すみません、○○とは、こうではないという書き方になってしまいました。○○とは、こうだという書き方を試みますw

以上、書いてみたことは、「変わる」というのにも、「良い変わり方」と「良くない変わり方」というのがあるだろうということで、そのうちの「良くない変わり方」とうのは、今ある自己についての否定の契機を含んでいるものだということです。

そうではない、つまりは「良い」変わり方というのはどういうことか。それを書かないことには、この稿は閉じられません。もう少しお付き合いください。

ぼくはここには、「面白い」とか「楽しい」ということがポイントになってくるだろうとの予感があります。わくわく、どきどき、そわそわ、などの感じです。

この、面白いということについては、確か大岡信さんが書いていたエッセイを思い出すんですね。それは、「面」が「白い」と書くことから、起源を辿ったものであったと記憶しています。この「面」というのは、自分の面ではなくて、相手のことだといいます。相手の顔を照らして明るくする、それが「面白い」ということの起源なんだそうです。自分一人ではなくて、相手を照らす。明るくさせる。

ここからもう一つの援用が導かれます。仏典に、「他人のために灯をともすと、自分の前も明るくなる」という説話があるそうです。これも、他者への働きかけの重要性を説いたものだと思います。

もっとも、これはつまり、自分一人でではなくて、他者と「分かち合う」というほどのことなのではないかと思います。ちょっと力業になりますが、自他ともの相即とでもいうことなのではないでしょうか。

などと書くと、自分も他人もハッピーに変わろう!とに言っているように思われるかもしれませんが、それは不本意というものw もう少し書いてみます。

仏典には、「煩悩即菩提」という言葉があるそうです。平たく言うと、煩悩(悩み)はそのまま菩提(悟り)として開かれるということなんだと思います。また、煩悩を薪として、という言葉もあるようです。これは、悩みや苦しみが深いほど、生の喜びやきらめきを深く味わうことができるということではないでしょうか。

さて、そろそろこの稿も閉じようと思います。

本を読んでも変わらない・変われないという疑問から、では変わることっていいことなの?ということを経て、たぶん、よい変わり方というものもあって、それは面白かったり楽しかったり、自分一人のためではないという契機を含んでいるものだということだろうということを書いてきました。

そこで、もう一度「読書」に立ち返ってみます。ぼくは、意識や感情の下の層には無意識の層があって、さらにその奥には、意志の力とも身体の力ともつかない、未分化な、生命力とでも言わなければならない層があるという考え方に共感しています。

ここで、本を読むという行為は、鍬や鋤で自分の生命を耕すことだと思うという、乱暴なアイディアを持ち出したいと思います。言葉は、生命の層に届くというのがぼくの推論です。

そういった意味で、読書(に代表される、言葉を通した他者との関わり)は自身の生命を耕すことであり、情報を交換しつつ、同一性を保っているという「変わり方」をしている生命の原理にも適うものであるという、大仰な結論に達してしまいました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。
























Kindle、端末よりはアプリが使える

こんにちは。

2014年12月に廉価版のKindle端末を購入してから、数冊を読み上ました。今年になって、iPad miniを入手しました。このことから、文字の本はKindle端末で、マンガや写真集はiPad miniでという分業を予想していました。

これは、画面の大きさということがありますし、Kindle端末は白黒画面です。灰色のわら半紙に印刷されているものを読むようなものなので、マンガには適してないと思ったからです。

しかし、試しにiPad版のKindleアプリで「文字の本」を読んでみました。これは、Kindle端末でマーキング(蛍光ペンでなぞったり、傍線を引いたりすることに相当します)をするのが少し不便だということがあったからです。

すると、iPadアプリの方がはるかに使い勝手がいいということがわかりました!

アプリでは、指を置いたところに虫眼鏡マークが現れます。Kindle端末では、指を置いたところは指に隠れてしまうので、数文字の誤差が出てしまいます。しかし、アプリでは虫眼鏡マークなので、その下の文字が透けて見えます。これで、開始と終了の位置がかなり正確に反映されることになります。

それ以上に。端末では指でなぞったあとに、「ハイライト」というメニューをタップしないとマーキングが確定されませんが、アプリではその段階が不要です。なぞったところが即座にマーキングされます。マーキングがさくさくできるのです。しかも、色の指定までできます。また、背景色も白とセピアとを選ぶことができます。

これはいいなと思って、iPhoneではどうかと思い試したところ、コンパクトで軽い分、iPadよりは使えそうだということがわかりました。

これからは、Kindle本はiPhoneで読むことが多くなりそうです。Kindle端末は、バッテリーが長持ちするので、外出時に携行するという使い分けになるのかなと思います。

(下は、iPhoneで読み上げたKindle本です)



出直す読書

こんにちは。

ぼくは3月の誕生日で52歳になります。2000年にうつ病を発したせいで、この15年ほどを半ば棒に振ってしまいました。この2〜3年でこそ、人様に「多少本を読んでいます」と言えるようになってはいるものの、それは新書だったりしていて、本格的な大著や古典に挑戦いているわけではありません。

ぼくは「読書」に関する本を読むのが好きなようで、今までにも『読書力』(齋藤孝)や『読書の技法』(佐藤優)などを読んできています。それはそれでおもしろいのですが、一つだけ欠点というか、もの足りないことをあげると、それらの本は、主として若い人向けに書かれていることです。当然、ぼくのようにピットインしていて、再度サーキットに戻りたい(社会復帰したいということとは、ちょっと違いますw)ような輩向けに書かれているわけではありません。

つまり、一度人生を棒に振ってしまった人間が、いわば「生き直す」ためのステップとして読書を選ぶという観点でものが書かれたということは、全くもって少ないのではないかということです。そこに、ぼくが何かを「付け足す」余地が残っているかもしれないと思い、これからは、出直すというか、やり直すための読書ということを考えてみたいなと思っています。

さて、昔話をさせていただきます。ぼくは2009年11月から2015年7月まで、同一のTwitterアカウントを公開で使っていました。公開であることがポイントなのは、「ツイログ」という周辺ツールが使えたからです。

そこで、ぼくは本を読み上げた都度に

【読了】

という見出しをつけてツイート(投稿)していました。ツイログを使っていたおかげで、これを検索対象としたところ、2010年からの読書履歴がおおまかではありますが、わかってきました。年毎に追ってみると、

・2010年 5冊

・2011年 1冊

・2012年 8冊

・2013年 15冊

・2014年 21冊

・2015年 76冊

と、冊数を見る限り、緩やかな回復基調にあったことがわかりました。後年になると、手帳に読んだ本のタイトルを記載しておりましたので、冊数はそれに基づいています。もちろん、ぼくはバカで物忘れが激しいので、これらを血肉にできているわけではありません。今年の目標とする冊数は少なめに見積もっています。

で。

今年は、

・岩波ジュニア新書やちくまプリマー新書の良書を読む、

・文芸書を読む、

・古典を読む、

という3つの目標を掲げました。すいません、嘘です。今思い立ちましたw

50歳からの出直し読書。いいテーマだと思うんですが、いかがでしょうね??




薄井ゆうじ氏講演から

こんばんは。

昨日(2月7日)、中野区立中央図書館で行われた連続講演「小説という遊び」の第3回「小説の創作」に参加してきました。講師は作家の薄井ゆうじさんでした。恥ずかしながら、お名前を存じ上げなった方ですが、お話しは興味深く伺うことができました。以下、ランダムに。

■小説を速読してはもったいない

小説は、それだけで緊密に世界が構築されているもの。筋を追うだけではもったいない。

■活字になってしまうと、わからなくなる日本語というのがある

例) 君はテニスが得意じゃない

これだけでは、テニスが得意なのか苦手なのかがわからないので、書き換える必要がある。

■極力、慣用表現やオノマトペ、四字熟語を避ける

この表現でないといけないという表現を選ばなければいけない。

■異なる要素が、親和的に解決するか、それとも対立してしまうかを追うのが小説

■「絵空事」に、自分の言葉でリアリティを構築する

■立てたプロットを追うのがのではつまらなくなる。人物や出来事が独自の動きをみせてくるのに任せる。書いている本人が結末を知りたくなるような小説がおもしろいものとなる。

すみません、こんな感じでしかお伝えできませんw

参考文献として、大江健三郎さんの『新しい文学のために』(岩波新書)を挙げておられました。これも再読しなくちゃね。

くじらの降る森 (講談社文庫)

くじらの降る森 (講談社文庫)





読書会を盛り上げたい

こんばんは。

現在、ぼくは二つの読書会に関わっています。一つは自分で主催している、Skypeを使った読書会。これは2015年の4月に始めました。もう一つは、学生の頃にお世話になっていた先輩が主催している読書会。これは、今月130回を数えるものです。

それぞれについて、もう少し書いてみます。

Skypeを使った読書会

「月に一回」「新書を中心に」「一冊」のテキストについて、茶話会的に歓談するという趣旨で始めたものです。今年は岩波ジュニア新書と、ちくまプリマー新書から選んで読んでいこうと思っています。現在、ちくまプリマー新書から出ている「中学生からの大学講義」シリーズ全5巻を順次読んでいて、今月はその3巻目を読むことになっています。

■先輩が主催する読書会

これも月に一回のペースで、文芸書を中心に、原則として月に一作(長編については二回に分けることもあり)を読んでいこうというもので、毎回三時間を使って、かなりがっつり読む会となっています。最近読んだのは、

・12月 魔法のカクテル(ミヒャエル・エンデ

・1月 白痴(ドストエフスキー

で、今月はカミュの『異邦人』が予定されています。


お恥ずかしい話しですが、前回1月31日に実施したSkype読書会は、ほとんど「会」として機能していませんでした。それは進行役であるぼくが、ほとんど何も語れなかったということに起因しています。

テキストの『考える方法』を2回読んで臨んだのですが、ご参加いただいた方の話しをほとんど引き出せなかった。大変に申し訳ないことをしてしまいました。次回は話す内容をもっと詰めてから臨まないといけないと思っています。

なので、ここ数日は図書館に何度も足を運び、関心の向いた読書論を何冊か借り受けてきています。どう読めば、語るに足るものを自分の中に残せるかという観点で本を読んでみようと思っているのです。

ところで、図書館の蔵書検索で、そのものズバリの「読書会」で検索すると意外に何点もヒットしましたので、その中から2点ほどを借りてみようと思います。下に掲げるのは、そのうちの一冊です。次回は参加してよかったと言っていただけるような会にしたいと思っています。

 本は絶対、1人で読むな!

本は絶対、1人で読むな!






CDラックから〜クーベリックのモーツァルト

おはようございます。

ブログの投稿、今朝は2件目です。今回は、ラファエル・クーベリック指揮、バイエルン放送交響楽団モーツァルトについてです。

Rafael Kubelik Conducts Great Symphonies

Rafael Kubelik Conducts Great Symphonies



この7枚組のセットは、

モーツァルトの後期6大交響曲集(3枚)、

シューマン交響曲全集(2枚)、

ブルックナー交響曲第3番と4番(2枚)、

という構成で、今はモーツァルトを2枚続けて聴いているところです。

モーツァルトというと、癒されるとか、軽やかな疾走感とかが想像されるのですが、3曲続けて聴いている限りでは、むしろガッチリとした、ベートーヴェンのような構築感をもって演奏されているという印象です。「大交響曲」とでも言うべきでしょうか。これはこれで、好ましい演奏だと思います。ヘッドホンで聴いていると、まるで初めて聴いているような感じです。ですので、ファーストチョイスとしてではなくて、むしろ聴き込んでからこのセットに当たるとよいと思われます。

読書体験の定着ということ

おはようございます。

何度か書いているように、ぼくは趣味として音楽鑑賞と読書、ブログを書くことを挙げています。音楽鑑賞と言っても、ブログを書いている時のBGMとして聴いている程度です。今回はも、読書のことについて取り上げたいと思います。

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術



さて先日、上掲した魅力的なタイトルの本をKindle版で読みました。要は、読んで1週間程度の間に3回の「アウトプット」をするとよいということでした。ぼくとしては、努めて読書メーターにUpしてはいるのですが、なかなか「定着」はしてくれません。むしろ、書いていることさえ忘れてしまう、と言うよりは、一旦は忘れる「ために」書いているような気がしています。

また、「アウトプット」という点では、人に「話す」ということも重要でしょう。ぼくはその実践の一つとして、読書会を挙げたいと思うのですが、先日、二回読んで臨んだ読書会で全く話せなかったということがありました。二回読んだから大丈夫だろうという慢心か油断かによるものか、元々ぼくの頭の限界なのか、それに向き合うのはちょっとイヤな気がしていますw 読書会でのレポート役というのは、また違ったスキル、例えばプレゼンテーションなどのスキルを身につける必要があるのでしょう。

一方で、ぼくはちまちまとではありますが、丸山眞男の『日本の思想』(岩波新書)を攻略するために、全文の書写に挑戦しています。これはなかなかに効果があるようでして、意外なほどに頭に入ってくる。考えてみると、中高で勉強していたのは、教科書を要約してノートに書くということでした。それが、大人になると「読みっぱなし」でノートに取るようなことはしなくなった。ですので、これはという本については、読書ノートをつけるといいのかもしれません。

以上をまとめると、

・メモ程度の「アウトプット」では、むしろ一旦忘れることの促進となることがある、

・話すためにはプレゼンテーションスキルのような、別のスキルも必要、

・これはと思う本については、書写が有効、

ということになろうかと思います。